The 道明なのだ。

道明と言えば、きもの好きな人なら言わずと知れた組紐の帯締め専門店。
江戸時代から続く、創業350年の歴史を持つ老舗です。

a0162789_1747123.jpgその組紐の体験ができるということで、神楽坂の街の文化祭「神楽坂まち飛びフェスタ」へ出かけました。
教えていただいたのは『奈良組』という組み方で作るストラップ。ベースの色1色と、飾りの色3色を組んでいきます。
糸の運び方はシンプルで、少しコツをつかんだらあとは無心に組んでいくだけ。ちょっと気を抜くと順番を間違えそう。普段あまり使わない集中力を発揮です。

難しいのが糸の撚り方。強すぎても弱すぎてもダメ。組み上がった紐を横から覗くと、ところどころ糸の太さがぼこぼことしている部分が!
「先生〜、この糸のぼこぼこはどうしたらいいんですか?」と伺うと「まあ、高度な質問ね(笑)」というお返事。要は糸の撚り方が均等じゃないんですね。いいんです、初めてのシロウトはこんなもんです。
本物の(というか職人技の)組紐の精密さはすばらしい。そのうちとっておきを一本、手にしたいものです。
a0162789_17474389.jpgさて、できあがったストラップ。長さの違いは「もういいかな」と「もうちょっとがんばろ」のホンの気持ちの違いです。なんだかもったいないけど、使ってみんなに自慢しよっと。

a0162789_1747591.gifうーさん

ちゃらっぽこHPへ

[PR]
by charappoco | 2011-11-04 18:00 | 手しごと体験