カテゴリ:旅のこと( 24 )

奥会津仕入れの旅より。

a0162789_19582419.jpgもどってまいりました〜。
と言っても、すでに3日たちましたが。翌日からはすぐに商品撮影に入り、疲労困憊で撮り残し、たまっていた注文の出荷手配をし・・・。あ〜もう体がダメだ。ちょっと休ませてくれ。と悲鳴をあげる自分に年齢を感じます。とほほ。

今年の会津は雨予報でしたが、降ったのは金曜日の一時だけで、幸運にも工人まつり当日は晴天で暑さを感じるほどでした。
9時開場のはずが、8時過ぎにはすでにそれぞれのテントが人だかり。顔見知りの工人さんに挨拶しつつ、お目当てのブースで戦闘態勢に。
早く来た甲斐あって、必要な品物はある程度仕入れることができました。マタタビのざるを多めに、あとはくるみや山ぶどうのかごバッグなどなど。

a0162789_19583641.jpgあと朗報があります。工人まつり会場ではないのですが、すてきな漆作家さんとの出会いもありました。近いうちにちゃらっぽこでご紹介できればと思っていますので、そちらもお楽しみに!

最後に、霧に包まれた幻想的な只見川をパシャリ。

a0162789_19593634.jpg


さて、仕事にもどりま〜す。

a0162789_1944185.gifちゃらっぽこ

ちゃらっぽこHPへ

[PR]
by charappoco | 2015-06-17 20:01 | 旅のこと
東京は夏か!という暑さの中、週末の山中湖は爽やかでした。
年に一度のカングージャンボリー、今年はなんと1000台超え!
同車種が集まるクルマのイベントとしては国内、いや世界でも最大級らしいです(好きな人しか興味ない話題だな、こりゃ)。
モデルチェンジもし(でかいからデカングーという)、年々増えているようですが、うちの子の同期(小さいからコカングーという)はだいぶ減ったなあ。

戦利品は、オリジナルで作ったという手捺染のカングー手ぬぐいです。

a0162789_18124786.jpgせっかくなので、河口湖経由で、1月に行った旧芦川村を再訪してみました。
そうそう、ちぢみほうれん草の美味しいところ!(ブログの愛読者の方、ありがとうございます。^^ )
この前は冬枯れていましたが、今回は新緑が美しく、まだ一分咲きでしたがすずらんの群生地もとても気持ちがよかった。

そしてなんとなんと!例の古民家を案内してくれた女性にもまたお会いできたのです〜。
あいかわらず元気印の彼女と、彼女の農業の師匠というおじさんと、のんびり楽しい時間を過ごさせていただきました。
教えてもらったほうれん草にはまったこと、報告できてよかった。

a0162789_1813372.gifうーさん

ちゃらっぽこHPへ

[PR]
by charappoco | 2015-05-22 18:16 | 旅のこと
例年のごとく、仕事てんこもりだった年末年始。1月に入り、ちょっと空いた隙間をぬって
温泉にゆくぞ!と強行するのも毎年恒例になりつつあります。
今回は、冬の勝沼・石和温泉へ。
そういえば前も冬の勝沼に行って、ブドウ畑も桃畑も冬枯れていましたっけ。
ワイナリーでワイン試飲めぐり、温泉&食っちゃ寝飲んじゃ寝ざんまいの翌日は、
ちょっと足を伸ばして旧芦川村というところに行ってきました。

いつ降ったものか、雪が残る山道をかなり登っていきますと、あるのは農産物直売所、
そば打ち体験もできる食事処、冬はやっていないカフェが一軒、昔ながらの暮らしを営む段々畑と民家の景色。
a0162789_13452386.jpg季節がいい時には、すずらんの群生地があったり、緑がとてもきれいな場所なんだそうですが、なにしろ冬枯れてますからね。まさにうーさん好みですな。

さて、唯一の(といったら失礼ですが)見どころ、
築300年という古民家『藤原邸』を見にいくと、本日当番といううら若き女性が案内してくださいました。
聞けば他県からここに惚れ込んで移り住み、農業を営んでいるとか。
日本各地に超高齢化で消滅寸前という集落はたくさんあると思いますが、かたやこういう場所で新しい暮らしを始める若い人もいらっしゃるわけで。
いろり端に座り込んでお茶とお新香までいただき、
ずいぶん長いこと話し込んじゃいました。
大変ですけどねぇ、と、とてもいい笑顔でした。


a0162789_1349494.jpg彼女に勧められて直売所で大量買いした、
芦川自慢の“ちぢみほうれん草”。
しゃぶしゃぶでいただいたら本当に美味しかった!
と、彼女に報告しに行きたいと思いました。
今度は季節がいい時にね。
また行きたいところが増えちゃったなあ。

a0162789_12412395.gifうーさん

ちゃらっぽこHPへ

[PR]
by charappoco | 2015-02-05 13:56 | 旅のこと

秩父も暑かった。

休みがまったく取れなかったこの夏。
さすがに連日の多忙と暑さで体が悲鳴をあげてきたので、
この週末、秩父・長瀞に行ってきました。
少しは避暑になるかなあなんて思ったら大間違い!
そりゃそうだ、東京からそんなに離れてないですもんね(T^T)。

a0162789_22474276.jpg秩父は、伊勢崎、足利と並んで銘仙の産地として有名です。
せっかくなので秩父銘仙を学ぶべく「ちちぶ銘仙館」へ。
大正ロマンの匂いが濃い銘仙は私にはちょっと似合わないかなーと思っていましたが、今の感性に合う銘仙も作られていて、これがシックで美しい。
今回は行けませんでしたが、『新啓織物』さんチェックです。

ちなみに、国の登録有形文化財に登録されている建物は一見の価値ありです。

a0162789_2248074.jpgさて秩父といえば、長瀞ライン下り。
カメラが危険なので写真は撮れませんでしたが、
すこーしだけ涼を感じられた20分のツアーでした。
船頭さんの語り口調が耳に残るわー。

最後に、ライン下り後のひと休みの写真。
アイスコーヒーの中に氷の壁〜!さすが、かき氷茶屋。

a0162789_22481897.gifうーさん

ちゃらっぽこHPへ

[PR]
by charappoco | 2013-09-02 22:59 | 旅のこと
a0162789_16474693.jpg旅は道連れ、世は情け〜
今年はなんとうーさんとぐーさんを道連れに、恒例となりました奥会津の旅に行ってまいりました〜。
なんといっても、みんな一緒だと温泉旅館に泊まれるからね。一人だとね、温泉旅館にはなかなか泊まれないからね。ぷぷぷっ。

いやいや、目的は温泉じゃなかった。奥会津は三島町で開かれる恒例の会津工人まつりは、毎年の楽しみの一つ。
温泉で日頃の疲れを癒した翌日は、お天気にも恵まれ、早朝からいざ三島町へ!
すでに会場は人・人・人・・・そこをかき分けかき分け、うーさんと手仕事品探しのスタートです。



a0162789_16354288.jpg工人まつりは4度めですが、年々来場者が増えている気がします。9時開場なのに、始まってすぐにもう皆さん戦利品の品々を手に手に・・・。
手仕事品のブームというのもあるかもしれませんが、こうして日本の工芸品や伝統技術が注目され、たくさんの人に愛されるのはとてもいいこと。
たくさんの工人さん、そして奥会津の豊かな自然とおいしい空気に感謝!

最後に、美しい只見川の景色を。

a0162789_1635622.jpg


a0162789_16482151.gifちゃらっぽこ

ちゃらっぽこHPへ

[PR]
by charappoco | 2013-06-09 16:54 | 旅のこと

益子陶器市へ。

a0162789_15482513.jpgほぼ予定のなかったGWの唯一のおでかけ、栃木は益子陶器市に行ってきました。
毎年、春と秋に開催される益子陶器市は、1966年に始まり今年で47年目。民芸運動を推進した濱田庄司がこの地に移り住み、益子焼の発展に寄与したことでも知られています。
うーさんとぐーさんも一緒に、いいもの探しと、益子で創作活動をされているツキゾエハルさんにお会いするのが、今回の旅の目的です。

栃木に縁のあるぐーさんは、うん十年前に訪れたことがあるらしいのですが、規模も人出もずいぶん大きくなっているのにびっくり。うん十年も立てば街も人も変わりますよねぇ。

a0162789_15484456.jpg益子陶芸美術館の広場からメイン通りまで、昔ながらの窯元から若い作家さんの作品まで、お皿や茶碗など陶器の山・やま・ヤマ・・・。一つひとつじっくり見てたら時間がいくらあっても足りませーん。仕事はどこへやら、うーさんとお気に入りをいくつかゲット!いつもは料理に無頓着だけど、いいお皿をじぃっと見ていると、よしっ料理を作ろう!と気合いが入ります(ホントですよ!)。

a0162789_15485989.jpgツキゾエさんとも無事お会いでき、さらに新しい職人さんとの出会いもありました。
夏に向けて、また素敵な商品をご紹介できそうなのでお楽しみに!


a0162789_15491710.gifちゃらっぽこ

ちゃらっぽこHPへ

[PR]
by charappoco | 2013-05-05 15:58 | 旅のこと

初・四国、初・歌舞伎!

先日、花想容さんに連れられて高松に行ってきました。
実はうーさん、四国に初上陸!天気も良く、本当に旅日和になりました。
もちろん着物旅行なのですが、根性なしなのでこんぴらさんのある琴平町に
着いてから着替えさせてもらいまして。

a0162789_17282610.jpgさて、この日のメインの目的はこんぴら歌舞伎の鑑賞です。
ここでもまた、うーさんのお初。意外と思われるのですが、歌舞伎はどーいうわけか避けて通ってきた道だったんですねぇ。
枡席に5人(しかも全員着物!)がぎゅうっと座り、すぐ間近に歌舞伎役者さんの迫力を実感。
皆さん、「こんなに間近で見られることないですよ!」と。

良くも悪くも、これが私の歌舞伎鑑賞の基準になってしまったのです。
それにしても、ファンの皆さんにごひいきの役者さんがいるのもわかるなあ。
私はあまりミーハーではないので(!?)、あくまでも日本の伝統文化として楽しませていただきましたが。

a0162789_17381040.jpg今回は市川亀治郎改め市川猿之助さんの襲名披露公演も兼ねており、写真の祝い幕は福山雅治さんからの寄贈だそう。
才能ある人ですね。

新歌舞伎座の混雑も落ち着いた頃に、また歌舞伎へ足を運んでみたいと思います。

a0162789_17384353.gifうーさん


ちゃらっぽこHPへ

[PR]
by charappoco | 2013-04-20 17:44 | 旅のこと

奥会津より戻りました。

a0162789_18381242.jpg会津温泉ざんまい癒しの旅、あっ、いやいや、奥会津仕入れの旅より戻って参りました〜。
思わず言い直してしまいましたが、正直、自然を眺めながらほとんど貸し切り状態の温泉で、日頃の喧噪と疲れをすっかり洗い流してきました。

「こんな時間も必要。だから次またがんばれるんだ。」

なんて、別にだれに言い訳するわけでもないんだけど。なんとなく・・・

そんなわけで(どんなわけで?)今年も行ってきました、三島町の工人まつり。

a0162789_18382732.jpg朝から生憎の雨で、工人さんたち大丈夫だろうか、さすがにお客さんも少ないんじゃないかなあ、なんて只見線で揺られながらちょっと心配になっていましたが、着いてみるとそんな不安もすっかりとんでしまいました。

例年通りのたくさんの人。そしてお客さんと話すおじいちゃんやおばあちゃんのあったかい笑顔がそこにありました。みんな雨にも関わらず、夢中で自分だけのお気に入りの一つ、を探しているようでした。
この光景をみるのもまた楽しみの一つ・・・おっと、急がなきゃ。

いつもお世話になっている作り手さんにごあいさつを。そして、来週のてくてく店でご紹介するために、奥会津の手仕事品を少し仕入れました。手に持てるだけ、なのでたくさんではないですけど。

商品の紹介は、また少しずつホームページに載せていきますのでお楽しみに。

a0162789_19305524.gifちゃらっぽこ


ちゃらっぽこHPへ

[PR]
by charappoco | 2012-06-11 19:32 | 旅のこと
温泉〜温泉〜と言い続けて早数ヶ月。今年の冬は雪山にも行けなかったので、温泉好きな
うーさんとしてはもう禁断症状でした。
店主が寝込んでいたちゃらっpoco2周年記念のその日、えいっっとばかりに湯河原へ
強行してきました。ごめんよ〜

a0162789_1204213.jpg東京から近くて手軽な温泉地。もう何度も訪れてるのに、今回初めて型染工房があることを発見!どうして今まで気付かなかったんでしょうね〜。
行ってみると、やはりご自宅兼工房兼ギャラリーのパターン。ごめんくださーいとお声をかけてもどなたも出てこない。ここまで来て引き返すわけにはいかないのでお電話してみると、奥様が出ていらして対応してくださいました。

a0162789_1211058.jpg故芹沢銈介先生のお弟子さんだった方で、ギャラリーの壁にはたくさんの新聞記事が。あっっっ!山内先生も映っているではありませんか!
湯河原の自然の中で生まれる美しい作品は、山内先生とはまた違った作風でした。今日はお休みということでしたが工房も見させていただき、奥様といろんなお話をさせていただきました。楽しい時間、ありがとうございました。

束の間の、いい休息になりました。

a0162789_1223471.gifうーさん


ちゃらっぽこHPへ

[PR]
by charappoco | 2012-04-20 12:06 | 旅のこと

クリスマスイブ@勝沼。

秋頃からずっと行こうと思っていた勝沼ワイナリー巡り、ようやく行ってきました。今日はランチからへべれけになるぞー!と鼻息荒く、降り立ったのは勝沼ぶどう郷駅。もうこの時期ですからすっかり冬枯れた風景でしたが、あたり一帯ほんとうにぶどう畑一色です。
まずはランチに『レストラン鳥居平』へ。実は前日、どこでランチ食べようかなあと迷っていた矢先に、某企業のCMで「鳥居平」の文字とワインセラーの映像が!即決です。
こちらはワイナリーに併設していて、見学も無料試飲もOK。すでに一件目でへべれけ完成でーす♪
a0162789_0321522.jpg
そこから隣の塩山駅へ移動し、訪れたのは『甲斐ワイナリー』さん。こちらも『ワインカフェ古壷』(ここ)を併設しています。本当はワインを飲みたかったのですが、へべれけ過ぎてこちらではぶどうジュースとコーヒーをいただくことに。もちろん、もれなく工場見学をさせていただきました。
ついつい職業病でご主人にあれやこれや伺うと、こちらは江戸時代から続く酒蔵でもともと日本酒を造っていたのだそう。いろいろご苦労されながら、今はご家族だけでワインを造られています。土蔵造りの建物は国登録有形文化財で、とても趣があります。
ここにも、昔からの伝統を大切にしている暮らしがありました。

a0162789_0275365.jpgワインのことがよくわからないうーさんでも、こちらで買い求めた「かざま甲州」の深い味わいに感動。
素敵なクリスマスになりました。 人ごみもなかったしね!

a0162789_028841.gifうーさん


ちゃらっぽこHPへ

[PR]
by charappoco | 2011-12-25 00:38 | 旅のこと